宝塚 西宮 伊丹のiphone修理は当店におまかせください!

夏!梅雨!!水没の季節!!!~水分はどこから~

2020-06-21

こんにちは!

スマートデザインの南口です!

 

スマートデザインでは

今日も“3密”を避けて営業してまいります

 

しかし、当店の受付カウンターの

奥はかわゆき命たちがになっております

良ければ、このかわゆい子たちに会いに来てくださいね!

 

さて、最近は暑くなってきて

レジャーに川・海・プールなどに行きたくなってきました

実は夏は私たちiPhone修理業者にとっては

 season of flooding

水没の季節!!!

なのです!

 

日に何件も水没の修理を行う季節、それが夏

夏は他の季節に比べ、アクティブな外出が多くなりますし

その行先も川・海・プールなどの水場が多いです

 

となると、水没が多くなるのも必然

繰り返しにはなりますが、

夏は水没の季節です

 

そこで今回は

一体どこから水分が入ってきてしまうのかランキングを作成しました

(当社調べ)

 

1.画面と本体の間

1位は画面と本体の間です

実はiPhoneの耐水/防水機能は防水シールによるものなんです

シールの幅は1㎜程度なので

不意に水の侵入を許してしまうことがあります

 

さらに

もし、iPhoneの画面が割れていたら

水没リスクは跳ね上がります

割れた画面のヒビの隙間から

水分がはいってしまうことがあるからです

 

また、iPhoneXs以上の機種はIP68という防水・防塵規格の認定を受けていますが

これは水中での使用が可能であることを示す規格ではありますが

テスト環境は常温の水という条件ですので

お風呂等の高温の水分の侵入を許してしまう可能性はあります

 

2.SIMトレイ部分

SIMカードを差し込むことが

構造上 必要なため

本体側面部に内部に向けて穴が開いています

気密が保たれるように作られていますが

差し込みがうまくいっていなかった場合

水分は容易に内部に入っていきます

 

この部分は水分の侵入が多いため

水没検知シールが付いていて

ケータイショップでの、簡易的な水没の判定の際に

調べられる箇所です

 

SIMカードを抜いた状態で

本体をのぞき込むと水没検知シールがついています

これが白色の状態なら問題ないですが

赤色の場合、内部に水分が入ったことがあることを示しています

 

 

3.インカメラ部分

画面上部のインカメラ部分もまた

水分が入りやすい箇所です

電話をするときに耳に音を送るために

網目の細かいメッシュになっています

水滴のような微量な水分でもじわじわと内部に入る可能性があります

また、お風呂のような高温多湿な環境で

携帯を使用した後に

常温の環境に戻ると、

結露により水没を起こすことがあります

そのため、修理を行っていると

水の中に入れていないのに水没したケースに

遭遇することもあります

 

この部分付近にも水没検知シールがついていますが

iPhoneを分解しないと見ることができないため

簡単に確かめることはできません

 

ランキングは以上です

このほかにも充電ケーブル差込口など、

思わぬところから水分は入ってしまいます

防水・耐水性能を過信せずに

水には気を付けてiPhoneを使用するようにしましょう

 

もし、iPhoneが水没してしまったときは

スマートデザインにお越しください

1日お預かりしてしっかりと分解乾燥を行います!

 

 

【スマートデザインのご予約はこちら】

TEL予約:0797-78-8766 営業時間11:00〜20:00 ※火曜日定休日
HP予約:https://smartdesign-tz.com/reservation 24時間受付中

兵庫県の宝塚、西宮、伊丹でiPhone修理、買取ならおまかせ!!

兵庫県の宝塚、西宮、伊丹でiPhone修理、買取ならおまかせ!!
画面割れ、ガラス割れ、バッテリー交換即日対応!!

料金詳細はこちら

買取料金はこちら

オンライン修理予約はこちら

お問い合わせはこちら

お電話でのご予約はこちら↓

TEL:0797-78-8766

タップして電話する

「Smart Design スマートデザイン」
兵庫県宝塚市宮の町1-11 水野ビル1階
営業時間11:00〜20:00 ※火曜日定休日

move_top