宝塚 西宮 伊丹のiphone修理は当店におまかせください!

iPhone12シリーズのケース・フィルム

2020-10-29

こんにちは

スマートデザインの南口です

 

今回は最近発表されたiPhone12の

サイズやケース、フィルムについて書いていこうと思います

 

まず、全体的な特徴として

全ての機種が5G対応で、全ての機種でOLED(有機EL)の画面パネルを使っています

これまでは、OLEDを使う機種とともに安価な液晶のパネルを使う機種が出ていましたが

今回は全ての機種がOLEDを使う機種です

 

また、全ての機種において

MagSafeといって、磁石の力で背面にワイヤレス充電器がピタッとくっつく機能が付いてます

 

iPhone12シリーズの機種は4種類発表され

12シリーズの標準機種である、iPhone1212mini

よりハイスペック12pro12proMaxの2種類に分類されます

これら二つの大きな違いはカメラにあります

12はカメラが二つあるのに対して

proには3つのカメラがあり、さらにLiDARセンサーが搭載され、

夜間であっても写真にブレが出ないという点が特徴です

 

サイズに関しては

12:6.1インチ、12mini:5.4インチ

12pro:6.1インチ、12proMax:6.7インチ

となっていて

12と12proは6.1インチで同じ大きさになっています

そのため、この二つは共通のケースを使うことができます

ただし同じ6.1インチのiPhone11のケースやフィルムは使うことができません

iPhone12からこれまでと違いやや角張ったデザインになっているためです

 

これまではiPhoneXにiPhone11proのケースを付けることができたり、

サイズさえ合えば他の機種のケースを付けることができる機種はありましたが

今回発表されたiPhone12シリーズは専用のケースしか選ぶことができません

 

特に注意が必要なのがフィルムで

6.1インチの機種はiPhoneXR、iPhone11、iPhone12、iPhone12proの4種類がありますが

XRと11が共通のフィルム、12と12proが共通のフィルムとなっています

同じインチでもこの2種類のフィルムはもう片方のものと互換性はありません

 

ではなぜ同じインチ数でも貼れないフィルムが出てくるのでしょうか

それは、インチ数の測り方に鍵があります

画面の大きさ(=インチ数)は画面の対角を結んだ時の長さで決まります

そのため、同じインチ数でも縦横比に差がある場合があるということです

iPhoneXR、11とiPhone12、12proはわずかに縦横比が異なるため

共通のフィルムを使うことができません

 

今回書いた12以外の機種でも他の機種のケースが使えたり、使えなかったりというのがあります

自分のiPhoneに合うケース、フィルムの大きさが

わからないという方は是非当店にお越しください

自分に合った商品選びをお手伝いさせていただきます

 

【スマートデザインのご予約はこちら】

TEL予約:0797-78-8766 営業時間11:00〜20:00 ※火曜日定休日
HP予約:https://smartdesign-tz.com/reservation 24時間受付中

兵庫県の宝塚、西宮、伊丹でiPhone修理、買取ならおまかせ!!

兵庫県の宝塚、西宮、伊丹でiPhone修理、買取ならおまかせ!!
画面割れ、ガラス割れ、バッテリー交換即日対応!!

料金詳細はこちら

買取料金はこちら

オンライン修理予約はこちら

お問い合わせはこちら

お電話でのご予約はこちら↓

TEL:0797-78-8766

タップして電話する

「Smart Design スマートデザイン」
兵庫県宝塚市宮の町1-11 水野ビル1階
営業時間11:00〜20:00 ※火曜日定休日

move_top